35歳肌

膀胱炎なのかトイレが近い

スキンケアが無意味になるぐらいの乾燥肌が悩みです

スキンケアで一番悩んでいるのは肌の乾燥です。お風呂上がりの湿気でしっとりした状態から、歯磨きしたり髪の毛を乾かしたりしてすぐに肌に何も塗らないでいるとカサカサで突っ張ってしまいます。こうなってしまうと化粧水を手でつけてもなかなか浸透せず、ローションパックをしても肌のごわつきがあまり解消しません。特に口元は乾燥が進み過ぎて粉をふき、口を開けるとチクチクするぐらいひどいです。化粧水が浸透していないのでその後に付ける美容液も、肌を上滑りしているような気がしてあまり効果を感じられません。美白の美容液なのですがもともと肌に合っているのに、粉吹きのところに付けると時折ピリピリとした刺激を感じるくらいです。最後にクリームでふたをするのですが保湿が完全でない肌の上にクリームを塗ると、油分が固まるのか垢のようにぽろぽろ零れ落ちてくるのが悩みです。肌へのなじみがよさそうなゲル化粧品も試しましたが、しばらくすると肌が乾いていました。ここまでくると化粧品がどうこうではなく、自分の肌の持っている力が弱まっているとしか思えません。最近はテレビで見たお風呂場の中ですぐに化粧品をつける、という方法を試しています。お風呂場は湿気が高いですしスチーム効果もあり、化粧品の効果を最大限高めてくれるような気がします。化粧水の馴染みもよかったですし付ける手も温まっているからか浸透も早いので、スキンケアの時間を短縮しつつそれでいて効果がアップしやすいのでしばらくはこの方法で続けていきたいと思っています。35歳はお肌の曲がり角!?今からでも遅くない美肌への道!

このエントリーをはてなブックマークに追加

敏感肌


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る