肌弾力回復

膀胱炎なのかトイレが近い

肌質が変化する顔のスキンケアは、大変です

季節ごとに顔の肌質が変化するので、とても悩んでします。冬になると、極端な乾燥肌で数時間ごとに保湿クリームを塗らないと、皮膚が突っ張って痛いくらい乾燥します。しかも、朝は、保湿クリームを塗って、ファンデーションを塗ると、すぐ、ぱりぱりになってしまうので、また、ファンデーションの上から保湿クリームを塗る二度手間が必要です。そんな極度の乾燥肌なので、仕事中も、思うように暖房機器が使えません。それでも、寒さのため、ヒーターを入れれば、顔の乾燥具合を見ながら、暖房を止め、また、保湿クリームを塗ります。そして、その度に化粧直しも必要です。
以前は、冬になると、頬や瞼周辺に乾燥による紅斑が出て、皮膚が切れることもあり、皮膚科受診が欠かせませんでした。皮膚科の医師から「とにかく、保湿しなさい」と言われて、今のように、数時間ごとに保湿クリームを塗っています。それでも、医師に指示された通りに保湿すれば、紅斑が出ることは、なくなく、今は、皮膚科受診もありません。
とにかく、ややこしい肌なのです。冬は、極端な乾燥肌なのに、夏は、異常なくらい、べとべとする油質に変わります。それで、夏は、逆に肌を乾燥させるタイプのローションを使っています。
季節でスキンケアが違うため、冬の保湿クリームが中途に残ってしまうと、いつの間にか、酸化して色が変わって、使えなくなります。そのため、スキンケア用品がなくなるぎりぎりまで、買い足しができない状況もあります。そして、毎シーズン、スキンケア用品を一式、購入しなければならず、結構な出費になり、辛いです。肌の弾力を回復させたい!目指せもちもち肌!

このエントリーをはてなブックマークに追加

敏感肌


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る